高校部

特徴・理念

高校部の特徴

現役生が最短で合格するためには、超一流の指導が必要
1988年創立以来、教研は校舎を展開することなく、超一流講師を集め指導にあたっています。
「授業が超一流でなければ結果はでない」
この信念のもと、常に「授業の質」にこだわってきました。
教研の「売り」は何か?それは「すべての教科を伸ばすため、超一流が指導にあたっている」ことです。
高校部の講座内容
  • 集団授業
    学年の枠にこだわらず、学習状況や授業ペース、希望進路に合わせた学習をする『無学年制の講座』を採用。
    詳しく見る
  • 個人指導・個別指導
    独自の『指名制』がオススメ。通常では依頼できない超一流の授業を特別に受けることができます。
    詳しく見る

高校部の理念

現役生こそ超一流を受講すべきです

「導入は、誰でも理解できる基本なのに、しばらくすると入試問題を解く力がついている」 この指導が「超一流」です。基礎から入試レベルまで一気に引き上げるから「超一流」なのです。 多くの授業を受けてきた浪人生は、講師の良し悪しがわかるので、「超一流と他」の違いがわかります。 高栁先生や寺島先生の授業を受けた浪人生は、その全員が「すごい授業だ!」と感動します。決して大袈裟な表現ではなく、超一流と他の授業は「質」がまったく別物なのです。
皆さんも、高栁先生・寺島先生の「超一流の授業」に出会ってください。

現役生にとって厳しい現実

現役生は高卒生に比べると多くのハンディを背負っています。例えば・・・
・勉強できる時間が、高卒生よりはるかに少ない。
・学校の授業のクオリティが極めて低い(都内のごく一部の学校を除く)。
・予備校は、「高卒生クラス」を超一流が担当するため、現役生の講師のレベルが低い。
・現役生を対象とした中堅塾では、チューターなどの力を借りて雰囲気を盛り上げた授業行い(ノリで勉強させる)、超一流はほぼ皆無。

時間が少ない現役生にこそ超一流が必要ですが、現役生が超一流の授業を受ける確率が極めて低いのが現実です。 それでも「一握りの能力のある学生」は上位大学に合格することができますが、他の大多数は伸びきれないまま、受験が終了します。 現役生にとって、塾・予備校は決して最良の学習環境ではないのです。 私たちが、柏中央高校から現役で理科大・早慶の合格を出せるのは、すべて超一流の指導があるからです。現役生が超一流と出会える価値をわかってください。

塾生の在籍校

  • (私)渋谷教育学園幕張高等学校
  • (私)市川高校
  • (県)船橋高等学校
  • (県)東葛飾高等学校
  • (私)江戸川学園取手高等学校

他にもたくさんの学生が教研に通っています。

講習のご案内

高校部季節講習

英検講座

教研は医学部受験に強い塾

〒277-0832
千葉県柏市北柏3-1-1
昭信ビル-4F・5F
(JR北柏駅南口前)

ページトップ

© 2015 KyoikuShidou Kenkyukai